適当な自己処理から肌トラブルへ

私は生まれつき体毛が濃く、常にムダ毛に悩まされてきました。
夏場で薄着になるといやでも肌を見られて、毛の濃さをからかわれることもありました。
思春期になるとさすがに人目が気になり、周りの友達もムダ毛処理を自分で始めていたので、私も軽い気持ちでT字カミソリを購入してみました。
当時は中学生で美容についての知識はほとんどなく、恥ずかしさもあり人には正しいやり方を聞けませんでした。
そのため剃った後のアフターケアを全くせず、肌が傷つき表面からバイ菌が入り、大量の湿疹が出てしまったのです。
その湿疹は数年間にわたり続き、皮膚科には脂漏性湿疹と診断されました。
皮膚科医からT字カミソリよりは、電気シェーバーの方が肌への負担は少ないと勧められて、その後は電気シェーバーで処理をしていました。
しかし私の体毛はすぐ生えてきてしまい、半日で手触りかチクチクとしてしまう程でした。
交際していた彼氏にムダ毛の処理を徹底してほしいと懇願されて、自分で出来る脱毛器をプレゼントされました。
そこでお風呂場で試してみたのですが、剃る事と違って毛を一本一本掴んで抜かれる仕組みなので大変痛かったです。
抜いた直後の肌はところどころ赤く腫れて、結局痒みがでてしまい元々患っていた脂漏性湿疹を悪化させてしまいました。
抜いた毛穴からバイ菌が入り込んで、化膿してしまいまったのです。蚊に刺されたような痒みが日夜続き、本当に辛かったです。
その後脱毛器の使用は止め、保湿をしっかりしながらのシェーバーに戻したところ少しずつ状態は良くなりました。
ムダ毛の自己処理で特に脱毛器については、本当に正しく清潔に使い、少しでも肌の弱い人は避けた方がいいと思います。

うなじ脱毛で失敗しない